EV完備

東京都中央区日本橋小伝馬町7-10
ウィンド小伝馬町Ⅱビル 3F

03-3639-5566

※事前予約は不要です。
 ご都合のよろしい時間帯にお越しください。

一般皮膚科

診療内容

皮膚科とは

皮膚科では、皮膚に関する症状や疾患を全般にわたって保険診療で行い、お子様からお年寄りの方まで世代に関係なく幅広く診療いたします。具体的には、皮膚に赤みを帯びたブツブツがある、水ぶくれができた、かゆい、いぼやたこ、うおのめがある、虫に刺された、日焼けで肌が痛い、ニキビがひどい、アレルギーが疑われるといった皮膚症状をはじめ、爪や髪につきましても皮膚の一部でもありますので、爪が割れた、巻き爪、頭皮に炎症が起きた、フケがある、薄毛や脱毛症に悩んでいるという場合もご受診ください。

初診時は問診票にて、どのような症状があるか、気になる部位、過去に同じような経験をしたことがあるかなどをご記入いただき、診察室にて、視診、触診といった診察を行いながら原因を探っていきます。また診断をつけるために医師が必要と判断すれば、アレルギーが疑われる場合は、血液検査を行い、一見ほくろ(色素斑)と見えるものでも悪性腫瘍の可能性が考えられる場合は、拡大鏡であるダーモスコープを使って調べます。

地域の皆様の皮膚科「かかりつけ医」に

当院は、地域にお住まい・お勤めの皆様の皮膚科「かかりつけ医」となるべく、お一人お一人にしっかり向き合い、患者様の気持ちに寄り添った診療を院長はじめスタッフ一同で共有しております。ドライスキン(乾燥肌)に悩んでいる方、シミなどのお肌のトラブルで困っているという方などもお気軽にご相談ください。それぞれの患者様に合ったスキンケア方法をアドバイスします。

皮膚科でよく見受けられる症状・疾患 

代表的な皮膚疾患・症状

湿疹

湿疹は、いわゆる皮膚に起きる赤いボツボツやザラザラのことでかゆみも伴う症状を言います。かぶれ(接触皮膚炎)の症状などと非常によく似ていますが、それらとの違いは原因が特定されているか否かです。ただ、はっきりと判明はしないものの多くの場合、アレルゲンや刺激物質といった外的要因であることが考えられます。

主な症状は、皮膚表面に現れる発赤(紅斑)、小さな水ぶくれ、乾燥した皮膚がフケみたいにパラパラ落ちる落屑などです。これらの症状に伴ってかゆみも常にあるので、それに耐えきれず爪を立てるなどして掻き壊した場合は、さらに悪化していきます。

湿疹は慢性化してしまうと治りにくくなりますので、原因がはっきりしない場合でも治療は行います。この場合は、対症療法になりますが主にステロイドによる塗り薬でかゆみの症状を和らげるようにします。また衣類、洗剤、化粧品、薬剤など外的な刺激にも注意するようにします。

かぶれ(接触皮膚炎)

皮膚に直接触れたもの(刺激物質や抗原)が原因となり、皮膚に炎症や湿疹などを発症する疾患です。原因が明らかな場合は、その原因物質の名前を冠して呼びます。例えば、うるしが原因ならば「うるしかぶれ」、金属製のアクセサリーであれば「金属かぶれ」、乳児のおむつならば「おむつかぶれ(皮膚炎)」です。

かぶれを引き起こす原因は多岐にわたっています。ニッケルやクロムなどの金属、一部の食物などが知られていますが、この他にも、シャンプーやリンスなどの洗髪剤、お肌に付けるクリームや化粧水などがあります。

治療にあたっては、まず皮膚炎の原因となっている物質を特定します。受診者の生活習慣などを問診し、どのような物質に反応しているのか見当をつけます。

原因物質が特定された場合は、この物質との接触を断つようにします。さらに、ステロイド外用薬や保湿剤などを使用して症状の改善を目指していきます。

にきび

にきびは、皮脂を分泌する毛穴の出口が硬くなってしまい、毛穴の中に皮脂が詰まってしまい、炎症を引き起こす疾患です。ホルモンの影響が大きく関わっており、思春期などで皮脂の分泌が多くなったり、皮膚が汚れて毛穴の先が詰まりやすくなると、ニキビが増えます。原因菌としては、アクネ菌という常在菌が考えられています。なお、にきびには、毛穴の先が閉じている白にきびと、毛穴の先が開いている黒にきびがあります。

初期段階では、赤いブツブツ(丘疹)が出来る程度ですが、さらに炎症が進むと膿が溜まってしまい、嚢胞になります。炎症が強いと、ニキビが収まった後にケロイド上の痕(肥厚性瘢痕)が残ることもあります。

治療にあたっては、毛穴の詰まりを改善し、ニキビを出来にくくする過酸化ベンゾイルという薬が主に用いられます。さらに、アクネ菌や炎症に効果的な抗生物質の内服薬・外用薬で治療することもあります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う慢性皮膚疾患であり、目や口の周囲、耳、頭、頸部、手や足の関節部などあらゆる部位に湿疹ができます。小児期によく見られるのですが、かゆみによって皮膚を引っ掻いてしまい、症状が悪化したり、目などに深刻な影響が出ることも少なくありません。

アトピーについて詳しくはこちら≫

じんましん

突然、皮膚の一部に大小様々な形をした赤いブツブツや盛り上がった赤いむくみがみられ、同時に強いかゆみも現れます。場合によっては体全体に広がることもあれば、チクチクした痛み、熱く焼けつくような痛みを感じることもあります。それでもしばらく時間が経過(数分~24時間以内)すると跡形もなく消えていくことが多いです。このような症状が1~2日ほどで治まるなら問題はありませんが、1ヵ月以上続いている場合は慢性化することがあります。なお、口内や唇が剥がれる、声嗄れやかすれがあるという場合は、窒息する危険がありますので要注意です。

じんましんは、アレルギー性もしくは非アレルギー性が原因で発症する場合と原因不明の突発性じんましんのケースがあります。突発性の場合は検査(皮膚テスト、血液検査など)によって原因を突き止めるようにしますが、それでも特定しないことがよくあります。

なお、アレルギー性によるじんましんとして考えられる原因物質には、食物(卵・小麦・エビ・カニなど)や薬剤(アスピリン など)、植物、虫刺され(昆虫)などがあります。一方の非アレルギー性の場合、コリン性じんましん(汗を掻く刺激や精神性ストレスが原因)、物理性じんましん(熱、日光、寒さによる刺激、ひっかき傷など原因)などがあります。

じんましんの原因が判明していれば、原因物質との接触を極力避けます。例えば、薬物によるアレルギー性じんましんなら、その薬の使用を中止する。食物なら原因であるアレルゲンを食べないなどです。対症療法につきましては、突発性じんましんも含め、かゆみの症状があればそれを抑える抗ヒスタミン薬を用います。

皮脂欠乏性湿疹

加齢や元々の体質が原因で皮脂の分泌量が不足していたり、空気が乾燥する季節になると起こると言われています。皮膚が粉を吹くかのように乾燥し、ポツポツした赤い湿疹が出て、かゆみが伴います。入浴時にボディソープをつけるなどして泡立たせるなどの洗いすぎも指摘されますが、その際は保湿剤を使用するなどによる乾燥予防を行うことが大切です。
かゆみが強い場合は、ステロイドの塗り薬を使用することもあります。

手湿疹(手あれ、主婦湿疹)

水仕事や、紙を頻繁に扱う仕事をしていると、皮脂や角質が落ちてしまいます。それによって皮膚のバリア機能が弱まり、物を掴むなどの物理的な刺激に皮膚が過剰に反応するようになり、また刺激物が侵入しやすくなります。こうして起こるのが手湿疹です。手湿疹は、アレルギー体質の方に生じやすく、原因となる仕事を中止できない方は治りづらいものです。

手湿疹の治療の柱は、薬物療法と生活改善です。薬物では、主にステロイド外用薬と保湿薬を用います。適切な薬を使用すれば1~2週間で改善しますが、生活を変えなければ再発します。手を保湿・保護するための生活改善を心掛けましょう。

脂漏性湿疹(ふけ症)

頭や顔によく見受けられる湿疹で、顔では鼻や頬、額などに赤みやかさつき、かゆみなどが、頭に出る場合はふけの症状が見られるのでふけ症とも呼ばれます。原因は解明されたわけではありませんが、皮脂の分泌機能異常や皮脂成分の変化といったことが考えられます。発症には体質の影響が大きいとされ、治りにくいのが特徴です。

治療にあたっては、湿疹(炎症)を抑える塗り薬を用いますが、生活習慣も関与(偏食や過食、ストレス、睡眠不足など)すると言われているので、その改善も行うようにします。

いぼ

正式には疣贅(ゆうぜい)と呼ばれるいぼは、ヒトパピローマウイルス(HPVウイルス)に感染することで発症する腫瘤です。同ウイルスは健康な皮膚には感染しませんが、小さな傷口があると、その箇所から感染して発症します。

発症して間もない時期は、平らで小さく、時間が経過するにつれてだんだん大きく盛り上がるようになり、そして表面がザラついて硬くなります。いぼ自体に痛みやかゆみは生じません。また、足の裏にできた場合は圧迫を受けるので盛り上がることはありません。ただ、歩くと痛みが出ることもあります。

治療につきましては、多くは液体窒素による凍結療法が選択されます。これは繰り返しいぼを凍らせることで、いぼの組織を凍結壊死させ、取り除くという療法になります。ちなみに1回で治し切ることは困難です。そのため何回か繰り返し通院(2週間に1回程度)するようになります。このほか、モノクロロ酢酸という強酸を用いて組織を腐食させる方法もあります。

乾燥肌(ドライスキン)

乾燥肌とは、文字通り「肌の表面が乾燥している状態」です。正常な皮膚は、表面の層に脂が適度に含まれているため、皮膚の水分が失われないようになっています。しかし、何らかの要因で皮脂が障害を受けると、皮膚の水分量が減り、しなやかさが無くなっていくのです。これに伴い、皮膚がヒリヒリしたり、痒みが出現したりします。

この状態のときは、皮膚のバリア機能が損なわれ、細菌などが体内に侵入しやすくなっています。特に、痒みなどで皮膚を引っ掻いてしまうと、細菌感染を引き起こし、小水疱や嚢胞が出来るおそれもありますので、注意しましょう。

乾燥肌は、皮膚のバリア機能が弱い幼児期にも見られますが、皮膚の代謝が衰えていく中年以降に多くなります。特に、寒く乾燥した気候に晒されたり、皮脂成分を除去する働きの強い石鹸などを使用したりすると、乾燥肌を引き起こしやすくなります。

治療にあたっては、皮膚の保湿を心がけることが大切です。石鹸などを見直したり、保湿用の軟膏などを肌に塗ることにより、乾燥肌が抑えられます。それでも改善が見られないときは、皮膚科での治療が必要です。

たこ、うおのめ

たことうおのめは、皮膚のある一点に圧が加わることで発生しますが、見た目や痛みの有無、治療法などは、それぞれ異なります。

たことは

たこ(胼胝)は、圧迫や摩擦が皮膚のある一点に加わり続けることで、圧が加わっている皮膚の角質が厚くなっている状態です。これは病気や疾患ではなく、体の防御反応のひとつです。痛みが生じることはなく、広い範囲で均一に角質が厚くなっていきます。

ペンダコや空手などの格闘技の鍛錬によって生じる拳ダコもたこの一種ですし、かかとが厚くなってひび割れている状態も多くの原因はたこによるものですが、水虫と鑑別する必要もあります。除去する場合は、まずサリチル酸軟膏を患部に塗って軟らかくしてから取り除くようにします。

うおのめとは

たこと同じように皮膚のある一点(主に足の裏や指)に圧迫や摩擦などの刺激がかかることで発生します。発生のメカニズムですが、圧によって皮膚の角質は硬くなっていき、皮膚表面は厚くなります。そしてその中心は、芯のように硬くなって皮膚の内側(真皮)へと入り込んでいきます。この芯の見た目が魚の目に似ていることから一般的には、うおのめと呼ばれますが、正式名称は鶏眼です。原因としては、足に合わない靴を履くなどすると起きやすいと言われています。

なお、この芯は神経を刺激します。そのため歩行することなどして強く当たったりすると痛みが出ます。痛みが強く出る場合は治療を行う必要があり、この場合はサリチル酸などを使い、うおのめを軟らかくしてから削ることで除去します。

やけど

やけどを負ったときは、応急処置として、一刻も早く水道水などで患部を冷やすことが大切です。これによって熱が皮膚の奥にまで伝わることを防ぎ、炎症を和らげることが出来ます。なお、衣服の上から高温の油を被ってしまったときなどは、無理に服を脱ぐと表皮が剥がれ、症状が悪化する可能性があります。そのようなときは、衣服の上から流水を直接かけるようにしましょう。

応急処置を済ませたら、そのままの状態で医療機関を受診することが大切です。やけどの部位にクリームなどを塗られる方もいますが、かぶれや細菌感染によって患部が悪化するおそれもあります。ティッシュペーパーなどを貼ったりすると、患部に付着して処置が難しくなることがありますので、貼らないようにして下さい。なお、やけどの程度がひどいときは、入院し、全身管理が必要になります。

水虫(足白癬)

白癬菌と呼ばれているカビの一種が足の皮膚の中で増殖することで引き起こされる感染症です。一般的によく知られている病気なので、ご存じの方も多いと思いますが、足の皮がめくれたり、水ぶくれになったりし、痒みを伴います。

ご家庭内で浴室の足ふきマットやスリッパなどを共有していたり、公衆浴場やプールなどで足が濡れたままにしていると、水虫に感染することがあります。ご家族の中に水虫の方がいるときは、足ふきマットやタオルなどを分けるようにしましょう。
水虫は見た目だけでは正確な診断ができません。皮膚を採取して顕微鏡で検査し、白癬菌を確認して診断します。皮膚科医に顕微鏡で検査してもらい、正確な診断を受けてから治療しましょう。
治療にあたっては、主に抗真菌作用のある塗り薬をつけて治しますが、皮膚の角層が硬くなっている角質増殖型などの場合は内服薬を用いることもあります。なお、水虫は表面的に症状が治まったように見えても、皮膚の奥では白癬菌が死滅していないこともよくあります。痒みが治まったからと言って勝手に治療を中断したりせず、必ず医師の指示に従ってください。

爪水虫

足の爪が濁ってくる原因として多いのは爪水虫です。カビの一種である白癬菌が足の皮膚から爪の中に入り、爪甲が濁って見えるようになり、次第に爪も分厚くなってきます。
診断は爪の濁った部分を採取して、顕微鏡で調べて白癬菌を見付ければ良いのです。
爪が濁る原因は爪水虫以外にもありますので、白癬菌を検出することが大事です。

治療は白癬菌に有効なテルビナフィンという薬を内服します。6ヶ月間毎日1錠ずつ内服します。まれに肝機能障害を起こすことがありますので、血液検査をしながら内服治療を行います。なお、塗り薬は飲み薬に比べて、爪水虫には効きづらいです。

虫さされ

毒などを持っている虫は、蚊やノミ、ハチ、シラミ、毛虫、ダニ、クモ、ムカデなど沢山の種類があります。これらに刺されたり、噛みつかれたりすると、皮膚に炎症などが生じることがあります。一般的には、数日以内に痛みや痒みが収まることが多いのですが、なかには症状が収まらないケースもあります。

特に、ハチに刺された場合は、血圧低下や意識障害など、強いアレルギー反応が起こることもあります。その場合は急いで救急車を呼んだり、医療機関を受診するようにして下さい。

治療については、主にステロイド軟膏を短期間使用します。腫れやかゆみが強ければ、抗アレルギー薬が使われます。また、症状によってはステロイド薬の服用が必要になることもあります。

ほくろ

ほくろは、メラニン色素を多く含む細胞が増殖し、皮膚の一部に高密度で集まって出来る黒いあざです。悪性度が高い進行性の悪性黒色腫(メラノーマ)など一部のケースを除き、放置しておいても問題はありません。但し、単なるほくろだと思っていたものが、実は深刻な皮膚疾患だったということもあります。肉眼での判断は難しいので、ほくろが出現したときは、まず皮膚科を受診し、専門医による検査を受けると良いでしょう。

単純ヘルペス

ヘルペスウイルスによる感染症が単純ヘルペス(単純性疱疹)です。同ウイルスには、顔にできる1型(HSV-1 )と外陰部や臀部などの下半身にできる2型(HSV-2)があります。皮膚の小さな外傷部や口腔、眼、生殖器粘膜から侵入していくウイルス感染症で1型は口腔や眼、生殖器から、2型は主に生殖器から感染します。なお、感染する部位によって、口唇ヘルペスあるいは、性器ヘルペスなどと呼ばれます。

症状は人によって様々で、痛みや発熱などの強い症状が出るケースから、一部分の皮膚や粘膜にだけ小さな水ぶくれやただれが現れる場合まであります。いずれにしても一度感染すると神経節にウイルスが棲みつきますので、ストレスや疲労あるいは発熱などをきっかけとして症状が何度も再発することがあります。

治療につきましては、抗ウイルス薬の服用が中心です。また痛みが強ければ痛み止めの薬の服用、皮膚から細菌の感染症を起こしている場合は抗生剤による治療も併せて行います。

帯状疱疹

帯状疱疹は、水痘を経験した後で、水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活性化することによって起こります。頭部から下肢までの一定の神経支配領域に片側性の小水疱が帯状に出現し、チクチク、ピリピリした痛みに悩まされるケースが多く見られます。

発症については成人後が大半ですが、小児でも稀にあります。大人の場合は、チクチクした痛みや皮膚の違和感から始まり、次第にその部分が赤い斑点になり、やがて帯状の水ぶくれになって、神経痛のような強い痛みを伴います。水ぶくれが治る頃に痛みは消えますが、その後も長期間にわたってピリピリするようなしつこい痛みが残ることがあります。これを「帯状疱疹後神経痛」と言います。

治療では抗ヘルペスウイルス薬を使用します。痛みが強い場合は、対症療法で痛み止めを用いることもあります。なお眼や耳の近くに症状が現れると合併症を起こす可能性(ラムゼイ・ハント症候群、ヘルペス角膜炎など)もあることから速やかな治療が望まれます。

乾癬

銀白色の皮膚の粉を伴い、境界の明瞭な赤い斑点が全身に出ます。大きさや出現密度、形状は様々であり、ひどい場合は背中全体など広範囲に広がります。

慢性的に機械的な刺激を受ける部位に発症する傾向があり、肘や膝、臀部、頭部、下腿などでよく見られます。青壮年期に発症するケースが多いのですが、40~50歳代など、その他の年齢でも出現します。

乾癬に対する根本的な治療は無いため、症状に合わせてステロイド薬やビタミンD3剤などの薬物療法を行います。重症例では分子標的薬による治療を選択することもあります。

尋常性白斑

皮膚の色が何の前触れもないまま白く抜けてしまう状態を白斑と言います。乾癬のように白斑にも様々な種類がありますが、よく見られるのが尋常性白斑です。

同疾患は、皮膚の中にあると言われるメラニン色素が作られなくなっている部分で(白斑が)起きます。発生する部位は様々で、顔、腹部、腕、足などに見られ、それらが融合して拡大することもあります。原因については、完全に解明されておらず、自己免疫が関係しているなど様々あると言われています。

治療では、ステロイドやビタミンD3軟膏などの外用薬、紫外線の照射による光線療法などがあります。

掌蹠膿疱症

小さな膿疱(膿が溜まっている水疱)が手のひらや足の裏にたくさん、それも急に生じてしまう疾患です。多くの場合、足の裏中央のくぼんだ場所(土踏まず)や手のひらの親指付け根付近に発生することが多いですが、稀に足のすねや膝に出ることもあります。発症の原因は不明とされていますが、喫煙、金属アレルギー(金属の歯の詰め物 等)、扁桃腺炎などの慢性感染症が関係しているのではないかと言われています。

主な症状ですが、膿疱や湿疹のほか、かゆみが伴います。また爪が変形することもあります。人によっては、首や鎖骨付近、あるいは腰などが痛むこともあります。なお足の裏の膿疱は水虫と症状がよく似ているので皮膚科でしっかり鑑別するようにしてください。

治療に関しては、ステロイドやビタミンD3軟膏などの外用薬、紫外線の照射による光線療法などがあります。

巻き爪(陥入爪)

巻き爪は、指の爪の縁が内側に丸まっている状態です。また、陥入爪は、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしている状態です。巻き爪(陥入爪)になって爪周辺の組織が傷つくと、皮膚の神経が刺激されるため、歩行時などに強い痛みが出るようになります。足の親指に出現するケースが多いのですが、その他の指でも陥入爪になることがあります。

主な原因は、靴のサイズの不適合です。小さ過ぎる靴や大き過ぎる靴を履くことにより、親指の爪の辺りが締め付けられ、爪の端が巻いていったり、皮膚に食い込んだりしてしまうのです。また、正しくない歩き方を続けた場合も、母趾に無理な力がかかり、陥入爪のリスクが高まります。この他、深爪をしてしまうと、爪の先端の両サイドが皮膚に食い込みやすくなりますので、注意が必要です。

治療にあたっては、爪の部分切除、ステロイド外用薬や抗菌薬による薬物療法、アンカーテーピング、手術療法など様々な方法がありますので、症例を見極めたうえで患者さまの意向も伺い、決定していきます。

金属アレルギー

金属アレルギーは、金属と汗などが反応することで発症するとされるアレルギー性接触皮膚炎です。同疾患は、ピアスやネックレスなどのアクセサリー、腕時計、ブラジャーの金具などによって発症し、一度発症してしまうと、その状態を変えるのは困難と言われています。そのため、同アレルギーを起こす前に予防することが大切です。

予防策については、肌に優しい材質のアクセサリー(金、銀、プラチナ、チタン など)を選ぶようにします。また、汗をたくさんかくような場面では、アクセサリーを外すといった心掛けも大切です。

金属アレルギーの治療法ですが、まず原因となっている金属を除去するようにします。アクセサリーなどの装飾品なら外すことでアレルゲンを遠ざけられますが、歯科治療で使用した金属の場合は、歯科医院で削って外し、原因となった材質以外のものを用いて再度修復するようにしてください。

また湿疹などの皮膚症状が発症していれば、対症療法としてステロイド外用薬を使用し、かゆみがあれば抗ヒスタミン薬による治療が行われます。

また、かゆみがみられる場合は、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を内服します。

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町7-10
ウィンド小伝馬町Ⅱビル 3F


東京メトロ日比谷線【小伝馬町駅】2番出口より徒歩2分
JR総武快速線【馬喰町駅】2番出口より徒歩4分
都営新宿線【馬喰横山駅】2番出口より徒歩4分


03-3639-5566

※事前予約は不要です。
 ご都合のよろしい時間帯にお越しください。

診療時間 日祝
10:00~13:00
15:00~18:30

休診日:水曜・日曜・祝日